楽天市場関連まとめ

楽天市場は、WEB上にある巨大なネットショプの集合体です。顧客数は多く、楽天スーパーポイントの影響かヘビーユーザも存在し、一部の店舗は利益を上げているようです。反面、大多数の店舗はそれほど利益を得ていないように思います。

当ブログでは楽天市場自体や出店する店舗に対しての記事をいくつか書いてきました。このページは、楽天関係の記事にアクセスしやすいように各記事へのリンクをまとめたページです。

楽天市場出店の前に


楽天市場に出店する前に知っておいた方が良い事は山ほどあります。楽天ショップの作り方云々の前に、です。もっとも重要なのは、どれほどの経費がかかるかだと思います。商材やバックヤードの人件費を考えた上で、楽天自体に払う経費を考えて出店をするか否かを考えるべきでしょう。


楽天市場の基本


まずは楽天市場の基本について。楽天ではRMSなど独自のシステムが構築されています。出店した店舗は否応無くそのシステムに慣れなければいけません。


楽天ショップの構築


楽天ショップの構築は簡単ではありません。ただ単に作るだけでも、学ばなければならない事は多くあります。「楽天ショップの作り方」という情報が簡単に手に入ったとしても、作業が簡単なわけではありません。この意味では、業者に頼むというのも有効な選択肢の一つです。

仮に自分で楽天ショップを作りたいとなった場合、基本的なHTMLを理解した上でにはなりますが、知っておきたい事や手を加えておきたいポイントがあります。


楽天ショップの集客


楽天市場にはいくつもの集客の方法があります。が、即時性があり効果が高い手段ほど費用がかかります。

また、楽天ショップにもSEO(検索エンジン最適化)の手法は無意味ではありません。ただ、楽天外にあるサイトと同じではないので、違いを理解する必要があります。


その他


必ずしも正しいことばかりではなさそうですが、思わぬ情報を手に入れられるかもしれないサイトのご紹介です。


重要な事


楽天市場は基本的に楽天が儲けるためにつくった場所です。全てにおいて楽天の規則に縛られ、経費がかかります。反面、楽天の安定したシステムを利用し購買意欲の高いユーザーに接触できる場所でもあります。

黙っていては売れませんし動けばお金がかかるります。ですが、楽天に出店した以上は攻撃的に攻めた方が良いでしょう。黙っていてもシステム使用料等はとられて行きますから。

守りに入るならば独自ドメインで独自にECサイトを作る方が賢明です。なぜなら、楽天市場への出店に比べ、ランニングコストは安くなります。サイトの構築にはもちろん費用がかかりますが、最初はこじんまりという所からはじめれば初期投資は抑えられるでしょう。もちろん、出店料等のやすいモールに参加する方法もあります。

重要なのはどのような運営を意図し、どのような運営が可能なのかを明確にする事ではないでしょうか。